よくあるご相談。テーマは「嫉妬される」。

  「顔がいい人はいいわよねー」
  「学歴がいいからって、仕事できるとは限らないんだから」
  「好かれているからって、良い気にならないで」

嫉妬ことば。
自分に直接言ってくれればまだ言い返しようもあるけれど、
女ってやつは、影で言って仲間を増やそうとするからタチが悪い

本人には「嫉妬言葉に聞こえない」ような嫌味を言たり。
突っ込んだら、逃げ道があるような言い方をします。
(経験のある人は・・・・この意味、わかりますよね)

嫉妬からくる言葉は、相手を精神的に弱らせる事を目的
にしているので、防御するのは難しいですよね。

感情的にエネルギーを奪おうとする人たちの狙いは、影響すること。
相手に影響することで、自分には力があると思いたんですよね。

また、下位のステージに居る人は、
自分の範疇にあった人が飛びぬけようとすると、
エネルギーを奪うような言葉を言って、引きづりおろそうとします。

 妬み

対処方法として、影響されない!と決意すること。
誰に彼にと理解してもらったり、仲良くしなくなっていいんです。
コミュニケーションとれない人とは正面きらない。

人ごみで、自分が肩をヒョイと後ろにずらしてよけるように、
言葉を通過させてしまいましょう。
1か月もよけ続ければ、相手はやがて引いていきますから。

一番やってはいけないのが、
相手が言った言葉を何度も思い出してしまうこと。

何度も思い出すと、その都度、自分が自分のエネルギーを疲弊させてしまって、
自分が嫌な人に思えてしまうものです。
だから、踏ん張って打ち消す!!

「って、今思い出したのはナシ!」っと言いながら手をたたく。
運動脳を使って打ち消す・・・たとえば、めっちゃ全力で走る!!

など、頭でいっぱいになるエネルギーを
全身の疲れとしてエネルギー分散し、そして一気にお風呂に入って解放する。

(この辺までが、栫井がお伝えできる「共通の範囲」です。掘り下げるといろいろなケースと回避方法がありますから)

 

自分を守るのは、自分の心なのです。
きっと、できます!